おすすめ観光コース おまかせ観光コース こだわり観光コース
トップページへ お問い合わせ
                                
ゆうゆうクラブ参加店舗
舞妓花の席
麩太
春日乃茶屋
本家尾張屋
味平 
田丸弥
フルーツパーラー橙
町家茶房
静家
高はし
七味六兵衛
 
お宿の紹介へ
 
 
●本店
営業時間  9:00〜19:00
蕎麦処  11:00〜19:00 (ラストオーダー18:30)
休日:1月1日・2日のみ
京都市中京区車屋町通二条下る
道順:地下鉄烏丸御池駅 1番出口北へ徒歩2分
電話(075)231-3446 FAX(075)221-6081 
フリーダイヤル 0120-17-3446
   
●烏丸店
営業時間 9:00〜18:00
休日:日・祭日・正月3ヶ日
京都市中京区烏丸通二条下る東側
電話(075)231-3446 FAX(075)221-6081
   

 

●四条店
京都市四条河原町西御旅町 四条センター地下
電話(075)221-6080
営業時間 11:00〜20:00
(ラストオーダー19:30)
休日 1月1日・2日のみ

●高島屋店
御蕎麦処 甘味処『華傅』[京都高島屋七階食堂街]

 
また、百貨店でもお買い求めいただけます。


●菓子売場
京都 高島屋地下京銘菓
京都大丸和菓子売場
JR京都伊勢丹和菓子売場
京都駅ザ・キューブ
京都駅地下ポルタ
京都駅八条口新幹線売場(大原・松露) 
地方 東京日本橋三越・日本橋高島屋・船橋東急
小田急ハンク館・池袋西武・池袋東武
東京シェルガーデン各店
横浜高島屋・横浜そごう・柏そごう
大阪高島屋・阪急百貨店・宝塚阪急
博多大丸

他 全国三越菓遊庵でもお取り扱いいたしております。
ホームページ:http://www.honke-owariya.co.jp/
 
 

「尾張屋」ってどんなお店?

 寛正六年(西暦一四六五年・応仁の乱の前年)に、菓子司として始まり、次第に、そば処としても京の町衆に親しまれるようになりました。
 江戸時代には、御用蕎麦司(いわゆる宮内庁御用達)をつとめ、宮中へ、そばをつくりに伺うこともしばしばあり、現在も、宮家の方々の御来京の折には、主人が道具一式を持って伺うこともございます。
 

こだわりの商品

「宝来そば」と、利尻昆布と独自に調合した節のうま味が溶け込んだ「ざるそばつゆ」、香り爽やかなわさび粉の詰め合せです。
じっくりと煮上げたにしんと、京風味の淡味にだし。そして、そばの香り。京のそばを代表する味わいです。
昔、そば粉を団子にして焚火に入れて焼いたものを「そば餅」と呼んでいました。その呼び名を、そのままに伝えた「そば餅」は、上質の北海道産小豆で作ったこしあんを、そば粉たっぷりの上皮で包み、天火焼きあげたそば饅頭です。 


ゆうゆう京都観光タクシーは五名全員が国土交通省の正式な認可を受けた料金で運営しています。

 前のページに戻る ▲このページのトップへ 
トップページへゆうゆう京都とは?観光コース検索ゆうゆうクラブプレゼントリンクお問い合わせ
Copyright (C) 2003-20011 uukyoto. All rights reserved